ストレスが多い女性は緊張型頭痛に注意 

頭の抱える女性の画像

頭痛の中でもっとも多いのが、緊張型頭痛です。頭痛持ちの患者の中でおよそ5人に1人が、緊張型頭痛に悩まされています。

特に女性に起こりやすいと言われており、発症率は男性の1.5倍!緊張性頭痛は、ストレスと大きく関わっているので精神的に不安定になっている女性は注意が必要です。

ここでは、緊張型頭痛について紹介していきます。

症状について
緊張型頭痛の特徴は、締め付けるような頭の痛みです。吐き気を伴うほどの激しさはありませんが、にぶい痛みと全身のだるさなどを伴います。

緊張型頭痛の特徴をまとめたので、該当するかどうかチェックしてみましょう。
□後頭部を中心に頭全体が重たい
□朝から晩まで鈍い痛みが続く
□パソコンを使ったあとに症状が現れる
□軽いめまいを伴う
□温めると楽になる
□肩や首がこっている

緊張型頭痛のメカニズムと原因
緊張型頭痛が起こるのは、首から肩、背中にかけての筋肉、頭の筋肉が緊張しているからです。

筋肉の緊張が高まると、血流が悪くなり筋肉の中に老廃物が溜まります。老廃物は周囲の血管を刺激してしまうので、締め付けられるような頭痛を発症させるのです。

緊張型頭痛は、精神的ストレスや身体的ストレスが原因だと考えられています。不安や緊張、仕事のプレッシャーなどの精神的なストレスは神経や筋肉の緊張を高めるのです。筋肉の緊張により血管が圧迫されたり神経が刺激されたりすると、頭痛を誘発します。

また長時間にわたるパソコンの使用や車の運転も、良くありません。俯いた状態や不自然な体勢を続ると、首から肩にかけての筋肉がこわばり頭痛を引き起こしてしまうのです。

どうして女性に多いの?
精神的なストレスも要因となっている緊張型頭痛。女性が多く発症しているのは、ホルモンバランスの乱れが関係しているかもしれません。

女性の場合、月経周期によりホルモンの分泌量が変動するので、イライラしやすい時期や落ち込みやすいときもありますよね。精神状態を一定に保つのが難しい女性は、不安や緊張から緊張型頭痛になりやすいという可能性も否定できません。

「イライラしやすい」「不安になりやすい」というときは、リラックスする時間を設けて自分をケアするのも大切です。心をほぐしてあげると、身体の緊張も取れて頭痛の緩和に繋がるでしょう。