頭痛にさよなら!市販薬の選び方

薬の画像

耐えられないほどの頭の痛みに、困っていませんか?

慢性的な頭痛を持っている人は、生活に支障をきたし常備薬が手放せなくなっているかもしれません。

頭痛の1番の対処方法は、病院で診てもらうことです。しかし「忙しくて時間がない」「病院は苦手…」といった理由から、市販薬を選ぶケースも少なくありません。

ここでは、正しい知識のもと薬を購入するために頭痛に効く市販薬の選び方と服用方法を紹介していきます。

市販薬を選ぶときのポイント
頭痛薬にはさまざまな種類があるので、自身の症状に合わせて選ぶのが重要。ドラックストラへ行く前に、どんな症状が現れているのか一度整理してみると良いでしょう。

もし、激しい頭痛を緩和させたいなら高い鎮痛作用を発揮する薬を選ぶと◎。痛みを抑えるのが得意な鎮痛剤があるので、服用すると楽になります。

また胃が荒れやすいときには、胃の粘膜を保護する成分を含んでいる薬がオススメです。頭痛薬よっては、薬の作用が強くて胃に不快感や痛みを生じさせる場合も。胃を守る成分が配合されていれば、身体への負担が減らせて安心なのです。

効果的な飲み方
より速く頭の痛みを止めたいなら、痛みだしたらすぐに頭痛薬を服用してください。飲むのが遅いと、痛みはどんどん悪化するだけでなく薬が効きづらくなるのです。

また薬の長期服用には、注意が必要です。頭痛薬を飲み続けて、薬が効かなくなることはありません。しかし、ひとつきに10日以上飲むと薬物乱用頭痛を発症する可能性が高いのです。毎日服用すると生じる薬物乱用頭痛というリスクを、忘れてはいけません。

市販の頭痛薬を飲んでも治らない…いろいろな薬を試したけどダメだった…と悩んでいるなら、専門医に相談するのがもっとも適切な対処法。しっかりと治療すれば頭痛にさよならできて、より素晴らしい毎日を送れるようになるはずです。